AOJ 2442 Convex-Cut

問題 http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=2442&lang=jp 問題概要 N 個の頂点からなる凸多角形が与えられる.このとき,ある点があって,その点を通る任意の直線がこの多角形を二等分することができるだろうか?できる場合は,その点…

AOJ 2303 Marathon Match

問題 http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=2303 問題概要 N 人のランナーがマラソンをする.コースの長さは L で,休憩所が途中に M 箇所存在する.i 人目のランナーは,どの休憩所でも全く同じ Pi パーセントの確率で休憩を取る.一…

AOJ 2157 Dial Lock

問題 http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=2157 問題概要 数列の連続した区間に同じ数を足し引きする操作によって,ある数列を目的に数列に一致させたい.このとき,目的を達成する最小の操作回数を求めよ.制約 : 数列の長さは10以下…

AOJ 2182 Eleven Lover

問題のリンク http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=2182 問題概要 ある自然数 N が与えられる.その連続部分文字列(0から始まるものを除く)で,11の倍数となるものはいくつあるか?制約: N の桁数は 80000 以下. 解法 DP で解くこ…

ARC070 D - No Need

arc070.contest.atcoder.jp 解法(証明?) を降順にソートする. 今, が不必要かどうかを判定したいとする.この時, とおく. また, から までの和で表現できる 未満の数がわかっているとする.(dpで保存) その中の任意の数 について, であるならば,…

2016年を振り返る

Twitterのハッシュタグで,「#一年の思い出を月別で振り返る」ってのがあったんですが,なんとなく自分でもやってみようと思ったのでブログに書くことにした. 1月 浪人していたので,センター試験の勉強をしていた気がします.してたかな?してなかったかも…

int とlong long のビット演算でハマった話

C++

#include <iostream> #include <bitset> using namespace std; using ll = long long; int main() { ll a = 0, b = 0, c = 0; for(int i=0; i<32; ++i) { a |= (1 << i); } for(int i=0; i<32; ++i) { b |= (1ll << i); } c |= (1 << 31); cout << bitset<64>(a) << endl; cout </bitset></iostream>…

C++11で始めるマルチスレッドプログラミングその1 ~std::thread事始め~

C++

この記事は、C++11におけるマルチスレッドプログラミング入門記事という位置づけで書かれたものです。簡単のため、表現が曖昧になったりしている部分があると思いますが、もっと厳密に知りたいという方はC++の規格を参照してください。 C++11のマルチスレッ…

例外安全について簡単にまとめた

https://github.com/Suikaba/publications/tree/master/exception-safety例外安全について簡単にまとまっているものがあまり見受けられないので、作ってみた. とはいったものの、僕はC++に疎いので、間違いがあるかもしれません. その時は指摘をお願いします…

Boost.Serialization - BOOST_CLASS_VERSION

以下のコードを書いたとする. namespace foo { class bar { // ... private: // serialize の実装 }; BOOST_CLASS_VERSION(bar, 1); } すると、以下の様なエラーが大量に出てくる. error: 'foo::boost::**' has not been declaredどうやらこれはBOOST_CLASS_…

using と using namespace

C++

Twitterでこういうコードを見かけた。 #include <utility> namespace N { using namespace std; class C {}; void swap(C&, C&) {} void f() { int n1 = 1; int n2 = 2; swap(n1, n2); // compile Error } } int main() { N::f(); return 0; } これはコンパイルエラー</utility>…

make_append_tuple を書いた

template の練習がてら書いてみようと思ったらウンコードが完成した。 tupleをくっつけるだけにしようと思っていたのだが、面白く無いのでめちゃくちゃにしてやった。 後悔はしていない。 まずはそれを見て貰いたいと思う。 #include <iostream> #include <type_traits> #include <tuple> n</tuple></type_traits></iostream>…

GCC Bug 58046 - template operator= in SFINAE class

コンパイルエラーになって欲しかったのにICEになりやがったのでバグレポ。 SFINAE 使ってたらなぜかバグりました。でも少し変えたら動くんですよねー。 詳細はリンク先を参照ください。 バグレポの書き方とか教えてもらえばよかったかなぁ…http://gcc.gnu.or…

Boost.Log 追記モード・ユーザー定義の severity

Boost.Logはファイルに書き出せるわけですが、追記モードも可能です。 ついでに、自分で定義した severity を書きだす方法もどーぞ。 #include <boost/log/utility/setup/file.hpp> #include <boost/log/utility/setup/common_attributes.hpp> #include <boost/log/trivial.hpp> #include <boost/log/attributes.hpp> #include <boost/log/expressions.hpp> #include </boost/log/expressions.hpp></boost/log/attributes.hpp></boost/log/trivial.hpp></boost/log/utility/setup/common_attributes.hpp></boost/log/utility/setup/file.hpp>

C# で素数列挙した -C# 勉強中

C#

C#の勉強中なので、まずは基本中の基本、素数の列挙をやりました。 もっとかっこよく書けるぞ!って人はコメントください。 using System; using System.Collections.Generic; using System.Linq; using System.Text; namespace ConsoleApplication1 { class…

Universal Reference を知るべき複数の理由

C++

復習第2弾。 universal reference って名前は知らなくていいので、C++のこれらの挙動だけは知っててほしいです。 前の記事と合わせてどうぞ。Universal Reference は以下 URefs と略させて頂きます。 URefs とオーバーロード class some_class { public: tem…

Universal Reference is 何

C++

universal reference という文字が見えたけど聞いたことなかったのでまとめました。 知識としては皆さんご存知だと思いますので復習程度に見ていただければ幸いです。 知らなかった人はこの記事で入門しましょう! Scott Meyers氏による universal reference…

Boost.勉強会 #12 大阪に行って来ました

はじめに 寝屋川市の大阪電気通信大学でBoost.勉強会 #12 が開催されました。 僕は発表者として行きましたが、今回もC++erがたくさん集っていたようです。 ちなみに初参加だったので、少し緊張しました。発表の順番とかタイトル一覧はこちら Togetterのまと…

C++ なんとかvalues

C++

C++には lvalue やら rvalue やらたくさんありますが、混乱している人もいるかもしれないのでめちゃくちゃ簡単にまとめておきます。 多分間違ってるところがあると思うので、その時は教えて下さい。よろしくお願いします。 lvalue 簡単にいえば左辺にして代…

C++ Template Metaprogramming の Exercise 4-2

C++

Variadic Templates Verで書いた。 struct error {}; template< bool B, typename ... Args > struct logical_and_; template< typename head, typename ... tail > struct logical_and_<false, head, tail...> { typedef mpl::false_ type; }; template< typename head, typename </false,>…

mpl::equalに渡すところをstd::is_sameにしてしまった

ちょっとハマったのでメモ。 ある日、以下の様なコードを書いてました。 typedef mpl::vector_c<int, 1, 2, 3> foo; typedef mpl::transform<foo, mpl::plus<_1, mpl::int_<1>>>::type bar; typedef mpl::vector_c<int, 2, 3, 4> expected; int main() { BOOST_STATIC_ASSERT(( std::is_same<bar, expected>::value )); } てっきり mpl::t</bar,></int,></foo,></int,>…

xrandr で 1920x1080 が出てくれない時の対処法

http://samuelmartin.wordpress.com/2012/05/29/enabling-resolutions-in-ubuntu-12-04-lubuntu-12-04/ ここに書いてあるとおり、まずターミナルで gtf 1920 1080 60と入力すると、 # 1920×1080 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 67.08 kHz; pclk: 172.80 MHz Modeli…

Boost.Contract の出力先を変更する

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、新年一発目の記事はタイトルにあるとおりです。 そのコードが以下になります。 //main.cc #include <contract.hpp> #include <boost/exception/all.hpp> #include <iostream> #include <fstream> class my_exception : public boost::exception, pub</fstream></iostream></boost/exception/all.hpp></contract.hpp>…

英語の本が読みたいから英語を勉強したいと思っているあなたに送る言葉

とりあえずその読みたい英語の本を買って読みましょう。

Boost.Contract その2 - C++ Advent Calender 2012

その1の続きです。 宣言と実装の分離 基本構文はだいたい押さえましたね。しかし、実際に使うとなると大事なことを忘れています。 このまま行くと「あれ?そういえば宣言と実装分けられないのかな?」となるのは確実です。 Boost.Contractではそれが可能です…

Boost.Contract その1 - C++ Advent Calender 2012

これは C++ Advent Calender 2012 の3日目の記事です。ーBoost.Contract 0.4.1が最新です。(2012/12/03現在) はい、契約だからってま○どマギネタとか出てくるんじゃないかなーって期待していたそこのアナタ!残念ながら使い回されすぎて使いにくいため、そ…

C++でLINQ的なもの - Ix++ Rx++

C++

暇つぶしにネットサーフィンしてたらこんなのみつけたhttps://rx.codeplex.com/ #include <cpplinq/linq.hpp> #include <iostream> #include <vector> int main() { using namespace cpplinq; std::vector<int> v = { 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 }; auto data_parsed = from( v ) .where( []( const</int></vector></iostream></cpplinq/linq.hpp>…

luabind でC++からLuaのclassを扱う

luabindを使うと、lua側でclassが使えるようになります。 こいつを、C++から使おうってのが今回の目的です。 -- hoge.lua function get_Hoge() local hoge = Hoge() return hoge end class 'Hoge' function Hoge:__init() print("Hoge construct") end funct…

Visual Studio 2010 : LNK4042

自分も最初ビビったのでメモ。 もし、namespaceを用いて // Hoge/HogeHoge.hpp namespace Hoge { class HogeHoge { /* ... */ }; } // Hoge/HogeHoge.cpp namespace Hoge { // ... } // Piyo/HogeHoge.hpp namespace Piyo { class HogeHoge { /* ... */ }; /…

ext/concurrence.h on C++11

先日、久しぶりにC++のコードを書くついでに環境を構築し直そうと、 Clang3.2とVimのプラグインを整えていざコードを書いている時の話です。*1(MinGWのgccは4.6.2)コンパイルが通らなかったので、エラーを見てみると次のようなものでした。 \MinGW\lib\gcc…

プログラミング生放送勉強会 第15回@大阪行ってきた!!

今日はプログラミング生放送勉強会 第15回@大阪へ行って来ました! IndexedDBやらMetroの話やらGCの話やらいろいろ勉強になりました。「そこでのじゃんけん大会で運良く勝利し、ARCキーボードを頂きました。本当にありがとうございました。」【重要】もちろ…

luabindでboost::shared_ptrを使う

少し考えさせられたのでメモ。 class Hoge { public: void show() { std::cout << "Hello World" << std::endl; } }; int main() { std::shared_ptr<lua_State> l( lua_open(), []( lua_State* p ) { lua_close( p ); } ); luaL_openlibs( l.get() ); luaopen_base( l.g</lua_state>…